○みやこ町歴史民俗博物館規則

平成18年3月20日

教育委員会規則第36号

(趣旨)

第1条 この規則は、みやこ町歴史民俗博物館条例(平成18年みやこ町条例第112号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(開館時間)

第2条 みやこ町歴史民俗博物館(以下「博物館」という。)の開館時間は、午前9時30分から午後5時までとする。ただし、入館は、午後4時30分までとする。

2 みやこ町教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、必要があると認める場合には、これを変更することができる。

(休館日)

第3条 博物館の休館日は、次のとおりとする。

(1) 毎週月曜日

(2) 12月29日から翌年1月3日まで

(3) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日の翌日

2 前項の規定にかかわらず、教育委員会が必要と認める場合には、これを変更し、又は臨時に休館することができる。

(利用の申請)

第4条 博物館の企画展示室兼研修室及び施設設備等を利用しようとする者は、歴史民俗博物館企画展示室兼研修室利用許可申請書(様式第1号)を教育委員会に提出しなければならない。

(利用の許可)

第5条 教育委員会は、前条の申請者に対し利用の許可をしたときは、みやこ町歴史民俗博物館企画展示室兼研修室利用許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(観覧料及び使用料の減免)

第6条 条例第8条の規定に基づく観覧料及び使用料の減額又は免除は、次に定めるところによる。

(1) 常設展の減免対象者及びその減免額は、次のとおりとする。

 町内の小・中学校及び高等学校の児童及び生徒が教育課程に基づき、教師の引率のもとに入館するとき 全額

 心身に障害がある者(療育手帳又は身体障害者手帳の交付を受けた者をいう。以下同じ。) 全額

 に規定する心身障害者が入館する際の介護人のうち一人 全額

 その他教育委員会が特に必要と認める者及び団体 教育委員会が必要と認める額

(2) 特別の展示をしたときの減免対象者及びその減免額は、その都度教育委員会が定める。

(3) 企画展示室兼研修室の使用料(以下「使用料」という。)を減額し、又は免除する場合及びその減免額は、次に定めるところによる。

 町が主催又は共催する行事のため使用する場合 全額

 国、公共団体又は公共的団体において、公用若しくは公共用又は公益事業の用に供するために使用する場合 全額

 町内の小・中学校及び高等学校が教育活動のために使用する場合 全額

 その他教育委員会が特に減額又は免除すべき理由があると認める場合 教育委員会が必要と認める額

(観覧料及び使用料の減免申請)

第7条 観覧料又は使用料の減免を受けようとする者は、歴史民俗博物館観覧料減免申請書(様式第3号)又は歴史民俗博物館企画展示室兼研修室使用料減免申請書(様式第4号)を教育委員会に提出しなければならない。

2 心身障害者及びその介護者のうち一人の観覧料の減免申請については、前項の規定にかかわらず、療育手帳又は身体障害者手帳の提示をもってこれに代えることができる。

3 教育委員会は、観覧料又は使用料を減額又は免除したときは、歴史民俗博物館観覧料減免通知書(様式第5号)又は歴史民俗博物館企画展示室兼研修室使用料減免通知書(様式第6号)により申請者に通知するものとする。

(使用料の返還)

第8条 条例第9条ただし書の規定により使用料を返還できる場合及びその額は、次のとおりとする。

(1) 天災地変及び条例第11条の規定により利用の許可を取り消したとき、その他企画展示室兼研修室を利用しようとする者の責めに帰すことができない理由により利用できなくなった場合 全額

(2) その他教育委員会が特別の理由があると認める場合 教育委員会が必要と認める額

2 前項の規定により使用料の返還を受けようとする者は、歴史民俗博物館企画展示室兼研修室使用料返還申請書(様式第7号)を教育委員会に提出しなければならない。

3 教育委員会は、使用料を返還するときは、歴史民俗博物館企画展示室兼研修室使用料返還通知書(様式第8号)により申請者に通知するものとする。

(特別利用の許可申請等)

第9条 歴史資料、考古資料、民俗資料、自然資料等(以下「歴史資料等」という。)の模写、模造、撮影等(以下「特別利用」という。)をしようとする者は、歴史民俗博物館歴史資料等特別利用許可申請書(様式第9号)を教育委員会に提出しなければならない。

2 教育委員会は、前項の申請を許可したときは、歴史民俗博物館歴史資料等特別利用許可書(様式第10号)を申請者に交付するものとする。

(特別利用の制限)

第10条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当する場合は、特別利用を許可しない。

(1) 歴史資料等の保存に影響を及ぼすおそれがあると認める場合

(2) 寄託を受けた歴史資料等で寄託者の同意を得ていない場合

(3) その他教育委員会が特別利用をすることを不適当と認める場合

2 特別利用による歴史資料等の館外貸出しは原則として許可しない。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

3 館外貸出しを受けようとする者は、歴史民俗博物館歴史資料等館外特別利用許可申請書(様式第11号)を教育委員会に提出し、許可を受けなければならない。

4 教育委員会は、前項の申請を許可したときは、歴史民俗博物館歴史資料等館外特別利用許可書(様式第12号)を申請者に交付するものとする。

(寄贈又は寄託)

第11条 博物館は、資料の寄贈又は寄託を受けることができる。

2 博物館に、資料を寄贈しようとする者は資料寄贈申込書(様式第13号)により、資料を寄託しようとする者は資料寄託申込書(様式第14号)によって教育委員会にその旨を申し出なければならない。

3 前項による申請があり、教育委員会が適当と認めたときは、これを受領し、寄贈資料受領書(様式第15号)又は資料受託書(様式第16号)を発行する。

(寄託資料の取扱い)

第12条 寄託資料の取扱いは、寄託者との間で特別の取り決めがあるものを除き、博物館所有資料の取扱いに準ずるものとする。

(入館者の遵守事項)

第13条 入館者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 所定の場所以外で飲食し、又は火気を使用しないこと。

(2) 他人に迷惑を及ぼし、又はそのおそれのある行為をしないこと。

(3) その他職員の指示する事項

(損傷・滅失届)

第14条 利用者は、建物、設備、器具及び資料等を損傷し、又は滅失したときは、直ちに損傷(滅失)届(様式第17号)により教育委員会に届け出なければならない。

(その他)

第15条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の豊津町歴史民俗資料館の設置及び運営管理に関する条例施行規則(平成6年豊津町教育委員会規則第3号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年3月26日教委規則第1号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

みやこ町歴史民俗博物館規則

平成18年3月20日 教育委員会規則第36号

(平成20年4月1日施行)