○みやこ町歴史民俗博物館条例

平成18年3月20日

条例第112号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第30条及び社会教育法(昭和24年法律第207号)第5条の規定に基づき、歴史、民俗、自然等について必要な資料を収集・保管し、調査及び研究を行うとともに、これを展示し、もって文化財保護、文化財愛護の思想の普及に資するため、みやこ町歴史民俗博物館(以下「博物館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 博物館の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 みやこ町歴史民俗博物館

(2) 位置 みやこ町豊津1122番地13

(事業)

第3条 博物館は、次に掲げる事業を行う。

(1) 資料の収集、整理及び保存に関すること。

(2) 資料の調査及び研究に関すること。

(3) 資料の展示及び公開に関すること。

(4) 特別展、企画展、講演会、講習会等の開催に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、博物館の設置目的を達成するために必要なこと。

(職員)

第4条 博物館に館長、学芸員その他必要な職員を置く。

(観覧料)

第5条 博物館の常設展示室に入館しようとする者は、別表第1に定めるところにより算出した合計金額を納入しなければならない。ただし、10円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てた額とする。

2 特別の展示をしたときの観覧料は、前項の規定にかかわらず、みやこ町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が別に定める。

(利用の許可)

第6条 博物館の企画展示室兼研修室及び施設設備等(以下「企画展示室等」という。)を利用しようとする者は、教育委員会の許可を受けなければならない。

2 教育委員会は、前項の許可を与える場合において管理上必要があるときは、その利用について条件を付することができる。

(使用料)

第7条 博物館の企画展示室兼研修室を利用する者は、別表第2に定めるところにより算出した合計金額を利用する前に納付しなければならない。ただし、10円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てた額とする。

(観覧料及び使用料の減免)

第8条 教育委員会は、特別の理由があると認めるときは、観覧料及び使用料を減額し、又は免除することができる。

(観覧料及び使用料の不返還)

第9条 既納の観覧料及び使用料は、返還しない。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(入館の制限)

第10条 館長は、次の各号のいずれかに該当すると認められる者については入館を拒み、又は退去を命ずることができる。

(1) 他人に迷惑をかけ、又は収蔵品若しくは施設設備を損傷するおそれがあると認められる者

(2) 管理上の指示又は指導に従わない者

(利用の不許可及び許可の取消し)

第11条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、企画展示室等の利用を不許可とし、又は利用の許可を取り消すことができる。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 建物、設備、器具等を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) 営利を目的として利用すると認められるとき。

(4) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に掲げる暴力団、その他集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき。

(5) 管理上支障があると認められるとき。

(原状回復の義務)

第12条 利用者は、企画展示室等の利用を終わり、又はその利用の停止を命じられたときは、直ちに利用場所を原状に回復しなければならない。

(原状回復の費用負担)

第13条 入館者又は資料の貸出しを受けた者は、博物館の建物、設備、器具及び資料等を汚損し、損傷し、滅失したときは、これを原状に復する費用を負担しなければならない。

(専門委員会及び運営委員会)

第14条 博物館の事業及び運営に関する事項を協議するため、みやこ町歴史民俗博物館専門委員会及びみやこ町歴史民俗博物館運営委員会を置く。

2 専門委員会及び運営委員会の組織及び運営に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

(管理)

第15条 博物館の管理については教育委員会がこれに当たり、その使用に関してはこの条例によるもののほか、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の豊津町歴史民俗資料館の設置及び運営管理に関する条例(平成6年豊津町条例第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年3月31日条例第2号)

この条例中第1条の規定は平成20年4月1日から、その他の規定は公布の日から施行する。

附 則(平成20年6月25日条例第27号)

この条例は、平成20年7月1日から施行する。

附 則(平成26年3月20日条例第6号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成26年12月15日条例第44号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

別表第1(第5条関係)

常設展の観覧料

(単位:円)

区分

個人

団体(20人以上)

小・中・高等学校の児童及び生徒並びに18歳未満の者

103

1人につき 51

大人(18歳以上の者)

206

1人につき 154

別表第2(第7条関係)

企画展示室兼研修室の使用料

(単位:円)

時間

使用料

冷暖房の使用料

2時間以内

1,029

515

4時間以内

2,057

1,029

8時間以内

4,114

2,057

みやこ町歴史民俗博物館条例

平成18年3月20日 条例第112号

(平成27年4月1日施行)