○みやこ町B&G海洋センター利用規則

平成18年3月20日

教育委員会規則第33号

(趣旨)

第1条 この規則は、みやこ町B&G海洋センター(以下「センター」という。)の利用に関し、他に別段の定めがあるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(開所時間)

第2条 センターの開所時間は、原則として午前9時から午後10時までとする。ただし、教育長は、季節及びその他の事情がある場合は、開所時間を変更することができる。

(利用の申込み)

第3条 センターを利用しようとする者は、みやこ町教育委員会(以下「教育委員会」という。)に利用する1箇月前から当日までに、センター施設利用申請書(様式第1号)を提出し許可を受けなければならない。ただし、特別の理由があると認める場合は、この限りではない。

2 許可は、センター施設利用許可書(様式第2号)を交付して行う。

(使用料の免除)

第4条 所長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、使用料を免除することができる。

(1) 町又はみやこ町教育委員会が主催する行事に利用するとき 10割

(2) みやこ町立の学校が教育目的のための行事に利用するとき 10割

(3) みやこ町の社会教育団体及び公共的団体の行事に利用するとき 10割

(4) みやこ町の社会教育団体及び公共的団体が主催する事業で所長が社会教育その他公共のために有益と認めた事業に利用するとき 5割

(5) その他所長が必要と認めたとき 所長が別に定める割合

2 前項の規定による使用料の減額又は、免除を受けようとする者は、センター施設使用料減免申請書(様式第3号)を教育委員会に提出しなければならない。

(利用の制限)

第5条 センターの利用目的又は内容が次の各号のいずれかに該当するときは、その利用を承認しない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗をみだすおそれがあると認められるとき。

(2) センターの施設又は設備を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に掲げる暴力団、その他集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき。

(4) その他センターの管理及び運営上支障があると認められるとき。

(利用承認の取消し)

第6条 所長は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、センター利用承認の全部若しくは一部を取り消し、又は利用を制限することができる。

(1) 施設設備の維持管理上悪影響があると認めた場合

(2) この規則に違反し、又はこの規則に基づく指示に従わないとき。

(3) 偽りその他不正な手段により利用の承認を受けたとき。

(4) 承認された利用目的以外に利用し、又は利用しようとしたとき。

(5) その他所長が禁止、停止又は取り消すことを必要と認めたとき。

(原状回復等)

第7条 利用者は、係員の指示に従い利用が終了したときは、直ちに利用場所を原状に復さなければならない。

(損害の責任)

第8条 利用者は、その責めに帰すべき事由によりセンターの施設等を損傷し、又は滅失したときは、速やかにこれを原状に復し、又は損害額を賠償しなければならない。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、センターの利用に関し必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の犀川町B&G海洋センターの使用規則(昭和57年犀川町教育委員会規則第3号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年3月26日教委規則第1号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成20年6月2日教委規則第4号)

この規則は、平成20年7月1日から施行する。

附 則(平成21年2月24日教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

みやこ町B&G海洋センター利用規則

平成18年3月20日 教育委員会規則第33号

(平成21年2月24日施行)

体系情報
第7編 育/第4章 社会体育
沿革情報
平成18年3月20日 教育委員会規則第33号
平成20年3月26日 教育委員会規則第1号
平成20年6月2日 教育委員会規則第4号
平成21年2月24日 教育委員会規則第4号