○みやこ町歴史公園条例

平成18年3月20日

条例第106号

(設置)

第1条 みやこ町内の歴史的な遺産を保存し、復元し、かつ、その活用を図ることにより、歴史及び文化への理解を深めるとともに、憩いの場を提供するために、みやこ町歴史公園施設(以下「施設」という。)を別表のとおり設置する。

(管理)

第2条 前条に定める施設の管理は、みやこ町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が行う。

(指定管理者による管理)

第3条 施設の管理は、法人その他の団体であって、教育委員会が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせることができる。

(指定管理者が行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 施設の利用の許可に関する業務

(2) 施設及び設備の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、施設の運営に関する事務のうち、町長及び教育委員会のみの権限に属する事務を除く業務

(使用料等)

第5条 教育委員会は、第2条に定めた趣旨に沿った目的で施設を利用する者について利用を許可し、その使用料を無料とする。

(利用の制限)

第6条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用を拒み、又は退去を命ずることができる。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 施設を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) 営利を目的として利用すると認められるとき。

(4) 施設の管理上支障があると認められるとき。

(原状回復の義務等)

第7条 利用者は、施設の利用を終わり、又はその利用の停止を命じられたときは、直ちに利用した施設を原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第8条 利用者は、自己の責めに帰すべき理由により施設を汚損し、又は損傷したときは、教育委員会の指示するところにより原状に回復し、又は教育委員会が認定する額を賠償しなければならない。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、施設の管理に関し必要な事項は、みやこ町公園条例(平成18年みやこ町条例第180号)を準用する。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の豊津町歴史公園の設置及び管理に関する条例(平成13年豊津町条例第31号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年12月25日条例第48号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年6月30日条例第20号)

この条例は、平成27年7月1日から施行する。

別表(第1条関係)

名称

位置

豊前国分寺跡公園

(豊前国分寺案内所を含む)

みやこ町国分279番地1他

豊前国分尼寺跡公園

みやこ町徳政688番地3

豊前国府跡公園

みやこ町国作450番地1他

彦徳甲塚古墳公園

みやこ町彦徳873番地1他

甲塚方墳公園

みやこ町国作1393番地1他

呰見大塚古墳公園

みやこ町呰見927番地3他

庄屋塚古墳公園

みやこ町勝山黒田1004番地4他

みやこ町歴史公園条例

平成18年3月20日 条例第106号

(平成27年7月1日施行)