○みやこ町図書館規則

平成18年3月20日

教育委員会規則第26号

(趣旨)

第1条 この規則は、みやこ町図書館条例(平成18年みやこ町条例第105号)第8条の規定に基づき、みやこ町図書館(以下「図書館」という。)の管理運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(業務)

第2条 図書館は、図書館法(昭和25年法律第118号)第3条の規定により、次の業務を行う。

(1) 図書館資料(以下「資料」という。)の収集、整理及び保存

(2) 読書案内及び予約を含む資料の貸出し(以下「貸出し」という。)

(3) 調査、研究等への援助

(4) 時事に関する情報及び参考資料の紹介並びに提供

(5) 資料に関する町民の要求を高め、広めるための読書会、研究会、講演会、鑑賞会、映画会、資料展示会等の主催及びその奨励

(6) 移動図書館の運営

(7) 児童に対する読書啓発と利用援助

(8) 障害者等図書館利用にハンディキャップを持つ人たちに対する利用援助

(9) 他の公共図書館、学校図書館等との相互貸借及び相互協力業務の推進

(10) 学校、博物館、公民館、研究所等との連携及び協力

(11) 読書団体との連絡及び協力並びに団体活動等の促進

(12) 集会室等の提供

(13) 図書館の広報及び情報誌の発行

(14) 前各号に掲げる業務のほか、図書館の目的達成のために必要な業務

(資料の選定及び除籍)

第3条 館長は、資料の収集及び保存に当たって思想的、宗教的及び政治的中立の観点を堅持し、幅広く資料を選定及び除籍するように努めなければならない。

(報告)

第4条 館長は、年間の業務、事業の状況について、毎年度教育長に報告しなければならない。

(開館時間)

第5条 図書館の開館時間は、次のとおりとする。ただし、館長が必要と認めるときは、教育長の承認を得て、これを変更又は臨時に休館することができる。

開館時間

午前10時から午後6時まで

(休館日)

第6条 図書館の休館日は、次のとおりとする。ただし、館長が特に必要と認めるときは教育長の承認を得て、これを変更又は臨時に休館することができる。

(1) 中央図書館は、毎週火曜日、犀川図書館及び勝山図書館は、毎週月曜日

(2) 館内整理日(毎月最終木曜日)

(3) 年末年始(12月28日から翌年1月4日までの日)

(4) 蔵書点検期間(年間10日以内)

(利用者の心得)

第7条 図書館の利用者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 図書館内では喫煙又は飲食をしないこと。

(2) 許可なく物品を展示し、又は販売をしないこと。

(3) 他人に迷惑をかけ、公の秩序を乱し、風紀を乱さないこと。

(4) 前3号に掲げるもののほか、管理運営上の必要から館長の指示に従うこと。

(利用の制限)

第8条 館長は、この規則又は館長の指示に従わないものに対して、資料及び施設の利用を一時停止し、又は禁止することができる。

(損害の弁償)

第9条 利用者は、その責めに帰すべき事由により、資料又は設備器具等(以下「資料等」という。)を紛失し、汚損し、又は破損したときには、速やかに図書館資料等事故届(様式第1号)を館長に提出し、紛失し、汚損し、又は破損した資料等と同一の資料等を納入しなければならない。ただし、当該資料等に相当する価格の納入をもってこれに代えることができる。

2 前項の場合において、館長は、利用者が資料等の弁償を行ったときは、受領書(様式第2号)を発行するものとする。同項ただし書きの規定により代金を納入した場合についても、同様とする。

(弁償の免除)

第10条 館長は、前条の規定にかかわらず、資料の汚損、破損又は紛失の理由が次の各号のいずれかに該当する場合には、弁償を免除することができる。ただし、貸出期間を経過したものについては、この規定を適用しないものとする。

(1) 天災、火災等により、貸出をした資料が紛失若しくは汚損し、又は破損したことがやむを得ない理由によるものと認める場合

(2) ビデオデッキ等による通常の使用において、ビデオテープ等を汚損し、又は破損した場合

(3) その他館長がやむを得ないと認める場合

2 弁償の免除を受けようとする者は、速やかに図書館資料等事故届に弁償免除申請書(様式第2号の2)及び前項第1号に該当する場合においては、消防署等の公共機関が証明するり災証明書を添付して提出し、承認を受けなければならない。

3 館長は、前項の申請書を審査し、その結果を弁償免除(承認・不承認)決定通知書(様式第2号の3)により、申請者に通知するものとする。

(貸出しの対象者及び手続)

第11条 資料の貸出しを受けることができる者は、次に掲げるものとする。

(1) 町内に住所を有する者

(2) 町内に所在する職場に勤務する者

(3) 町内に所在する学校に就学する者

(4) 福岡県北東部地方拠点都市地域整備推進協議会公立図書館等の広域利用該当市町村に住所を有する者

(5) 京築連帯アメニティ都市圏内公共図書館等の広域利用該当市町村に住所を有する者

(6) その他館長が特に適当と認めた者

2 貸出しを受けようとする者は、図書館利用者カード申込書(様式第3号)を提出してみやこ町図書館利用者カード(以下「利用者カード」という。様式第4号)の交付を受け、これにより貸出しを申し込まなければならない。

3 利用者カードの有効期間は、発行日から3年間とする。ただし、館長が特に認めたときは、期間を延長することができる。

4 図書館利用者カード申込書の記載内容に変更が生じたときは、速やかに図書館利用者カード申込記載事項変更届(様式第5号)を館長に届け出なければならない。

(利用者カードの紛失等の届出)

第12条 利用者カードを紛失し、又は損傷したときは、速やかに利用者カード紛失(損傷)届(様式第6号)を館長に届け出なければならない。

2 利用者カードの再発行に伴う費用は、50円とし、当該再発行を受けた利用者が負担する。

3 利用者カードが当該利用者カードの登録をしている者本人以外によって利用され、損害が生じた場合、その責めは、当該登録をしている者本人に帰するものとする。

(貸出しの期間及び冊数)

第13条 貸出しは、資料については、雑誌を含めて1人20冊以内とし、貸出期間は、図書は15日間、雑誌は8日間とする。視聴覚資料は、1人4点以内とし、貸出期間は8日間とする。ただし、館長が必要と認めたときは、その冊数又は点数及び期間を別に指定することができる。

2 貸出期間の延長は、予約のない資料に限り、返却日から図書は15日間、雑誌・視聴覚資料は8日間を限度として認める。

(督促)

第14条 館長は、資料の貸出しを受けた者が貸出期間を経過しても返却しないときは、電話による催告又は書面による督促を行うものとする。

2 資料の貸出しを受けた者が貸出期間を経過し督促を受け、督促後10日以内に返納しないときは資料を紛失したものとみなし、第9条の規定を適用し、弁償を求めるものとする。

(貸出しの制限)

第15条 資料は、すべて貸出しすることを原則とする。ただし、館長が指定する資料については、制限することができる。

2 資料の返却を故意に遅らせ、又は返却しない者に対して、館長は、資料の貸出しを禁止することができる。

(団体貸出し)

第16条 図書館は、学校、家庭又は地域を中心として主体的に読書活動を行う団体に対し、図書の貸出しを行うことができる。

2 図書の貸出しを受けようとする団体は、団体利用申込書(様式第7号)を提出して利用者カードの交付を受け、これにより申し込まなければならない。

3 団体貸出し用の利用者カードの有効期間は、発行日から1年間とする。

4 図書の貸出期間は、1月以内とし、同時に貸出しを受けることのできる冊数は、1団体200冊以内とする。ただし、館長が必要と認めたときは、期間及び冊数を別に指定することができる。

(登録の削除)

第17条 館長は、第11条又は前条の規定により利用者カードの登録をしている者及び団体で、次に該当すると認められるときは、その登録を削除することができる。

(1) 5年以上資料の貸出しがない場合

(2) 登録者本人が死亡した場合

(移動図書館)

第18条 移動図書館の巡回日時及び場所については、館長が別に定める。

2 館長は、天候の不順等により巡回が適当でないと認めたときは、巡回を中止することができる。

(中央館の集会室等の利用)

第19条 集会室・ギャラリー・視聴覚室は、図書館活動を推進させる目的のため、会合及び催物に利用することができる。

2 集会室等を利用しようとするものは、あらかじめ集会室・ギャラリー・視聴覚室・展示ケース利用申込書(様式第8号)を館長に提出し、その許可を受けなければならない。

3 館長は、前項の申込書を審査し、許可する場合は、集会室・ギャラリー・視聴覚室・展示ケース利用許可書(様式第9号)により、申込者に通知するものとする。

4 館長は、前項の許可をする際に条件を付することができる。

(中央館の集会室等利用の制限)

第20条 館長は、次に該当すると認められるときには、利用を許可せず、又は利用を取り消し、若しくは制限することができる。

(1) 営利を目的とするとき。

(2) 利用者がこの規則に違反したとき。

(3) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に掲げる暴力団、その他集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めたとき。

(4) 館長が図書館管理及び運営上特に必要と認めたとき。

(図書館資料の複写)

第21条 図書館において、利用者が資料の複写を求めたときには、著作権法(昭和45年法律第48号)第31条に規定する範囲内においてこれを行う。複写に要する費用は、利用者の負担とする。

2 前項に規定する費用は、次の表に掲げるとおりとする。

種類

単価(1枚当たり)

モノクロコピー

10円

カラーコピー

A3判

80円

上記以外のサイズ

50円

(寄贈及び寄託)

第22条 図書館は、資料の寄贈及び寄託を受けることができる。

2 図書館に資料を寄贈し、又は寄託しようとするときは、館長に名称、数量、価格等を明記した図書館資料寄贈・寄託申込書(様式第10号)を提出するものとする。

3 資料の寄贈又は寄託に要する経費は、寄贈者又は寄託者の負担とする。ただし、事情により特に図書館が負担することがある。

4 寄託を受けた資料は、図書館所蔵のものと同等に取り扱う。だだし、不可抗力の要因により、汚損又は亡失した場合は、図書館は、その責任を負わない。

(公の出版物の提出)

第23条 町の機関及び学校は、図書館に対し、一般公衆に対する広報の用に供せられる刊行物その他の資料を4部あて提供しなければならない。

(その他)

第24条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の犀川町図書館管理運営規則(平成9年犀川町教育委員会規則第1号)、勝山町図書館管理運営規則(平成8年勝山町教育委員会規則第9号)又は豊津町立図書館管理運営規則(平成13年豊津町教育委員会規則第5号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年4月1日教委規則第2号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月3日教委規則第2号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成20年6月2日教委規則第4号)

この規則は、平成20年7月1日から施行する。

附 則(平成22年1月18日教委規則第1号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月25日教委規則第2号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月28日教委規則第5号)

この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日教委規則第14号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年1月20日教委規則第2号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

みやこ町図書館規則

平成18年3月20日 教育委員会規則第26号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成18年3月20日 教育委員会規則第26号
平成19年4月1日 教育委員会規則第2号
平成20年3月3日 教育委員会規則第2号
平成20年6月2日 教育委員会規則第4号
平成22年1月18日 教育委員会規則第1号
平成23年3月25日 教育委員会規則第2号
平成24年3月28日 教育委員会規則第5号
平成27年3月31日 教育委員会規則第14号
平成28年1月20日 教育委員会規則第2号