○みやこ町公民館利用条例

平成18年3月20日

条例第196号

(趣旨)

第1条 みやこ町公民館の施設及び設備(以下「公民館」という。)の利用に関しては、この条例の定めるところによる。

(利用許可の申請)

第2条 公民館を利用するものは、利用日の2箇月前から当日までに、許可申請書をみやこ町公民館の設置及び運営管理並びに公民館運営審議会の設置等に関する条例(平成18年みやこ町条例第103号)に定める使用料を添えて、館長を経てみやこ町教育委員会(以下「教育委員会」という。)に提出し、その許可を受けなければならない。

2 前項の申請について許可したときは、許可書を交付する。

3 利用者は、利用許可書を提出し、係員の指示に従わなければならない。またその利用を終わったとき、又は利用を停止されたときは、直ちに原状に復し、清掃して管理者に返還しなければならない。

(利用の範囲)

第3条 みやこ町公民館条例第1条の目的を達成するため、公民館の利用範囲を次のとおり定める。

(1) 町民の教育文化の向上に資するもの

(2) 町民の生活向上と産業振興に資するもの

(3) 町民の体育レクリエーションに資するもの

(4) その他社会教育法(昭和24年法律第207号)第22条各号に該当する事業をなすもの

(利用の条件)

第4条 教育委員会は、公民館の利用を許可するに当たっては、利用の目的、範囲、時間及び使用料その他管理上必要な利用条件を付けることができる。

(入館の制限)

第5条 教育委員会は、次に該当するものに対しては、入館を拒み、又は退館を命ずることができる。

(1) 伝染性の病気にかかっている者又は精神に異状があると認められる者

(2) 酒気を帯びていると認められ、大声を発し、他の迷惑となるおそれあるもの

(3) 他人の迷惑又は危険のおそれある物品又は動物の類を携帯するもの

(4) 管理上必要な指示に従わないもの

(5) その他管理上支障があると認めるもの

(設備等の制限)

第6条 利用者は、特別の設備をし、又は造作を加えようとするときは、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。

(目的外利用の禁止)

第7条 利用者は、公民館を利用する地位を譲渡し、若しくは転貸し、又は教育委員会の許可なくして許可目的以外の目的に利用することはできない。

(利用許可の取消し)

第8条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、利用の許可を取り消し、又は拒否し、若しくは条件を変更することができる。

(1) この条例又は条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 利用の条件に違反したとき。

(3) 偽りその他不正の手段で許可を受けたとき。

(4) 建物又は設備を損傷するおそれがあるとき。

(5) その他教育委員会において管理上必要があるとき。

2 前項の規定に基づく利用の許可の取消し又は拒否若しくは条件の変更によって、使用者が受けた損害については、教育委員会は、その責任を負わない。

(利用の不許可)

第9条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、公民館の利用を許可しないものとする。

(1) 秩序又は風俗を乱し、又は公安を乱し、その他公共の福祉に反するおそれがあると認めるとき。

(2) 社会教育法第23条に規定する行為に該当するとき。

(3) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に掲げる暴力団、その他集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めるとき。

(4) その他教育委員会が公民館の目的に照らし適当でないと認めるとき。

(使用料の免除)

第10条 使用料は、次の各号のいずれかに該当するものが利用するときは、減免申請書の提出を経て減額し、又は免除することができる。

(1) 町及び町に所属する行政委員会及び団体

(2) みやこ町議会及び所属委員会

(3) みやこ町立小中学校及び町立保育所

(4) 教育委員会又はみやこ町公民館が育成している社会教育団体

(5) その他教育委員会が認めるもの

(原状回復の義務)

第11条 利用者は、利用を終わったとき、又は第8条の規定により利用の許可を取り消され、若しくは利用の停止を受けたときは、直ちに原状に復して返還しなければならない。

(損害賠償)

第12条 利用者が建物及び設備を滅失又は損傷したときにおいて原状回復ができないときは、教育委員会の認定に基づき、その損害を賠償しなければならない。

(職員の立入り)

第13条 利用者は、教育委員会の職員及び町職員が職務上立ち入るときは、これを拒むことができない。

(利用時間)

第14条 利用時間は、午前9時から午後10時までとする。

(特別な権限)

第15条 町長は、特別な理由ありと認めたときは、賠償額の免除及び減額その他利用の禁止又は一時公民館の閉館を命ずることができる。

(委任)

第16条 この条例に定めるもののほか、公民館利用に関し必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の犀川町立公民館の設置、管理及び職員並びに公民館運営審議会の設置等に関する条例(昭和61年犀川町条例第3号)、犀川町立公民館管理規則(昭和61年犀川町教育委員会規則第2号)、勝山町中央公民館使用条例(昭和43年勝山町条例第235号)又は豊津町公民館の設置及び運営管理に関する条例(昭和63年豊津町条例第12号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年6月25日条例第27号)

この条例は、平成20年7月1日から施行する。

みやこ町公民館利用条例

平成18年3月20日 条例第196号

(平成20年7月1日施行)