○みやこ町奨学資金貸付条例施行規則

平成18年3月20日

教育委員会規則第17号

(趣旨)

第1条 この規則は、みやこ町奨学資金貸付条例(平成18年みやこ町条例第99号。以下「条例」という。)第20条の規定に基づき、条例の施行について必要な事項を定めるものとする。

(奨学金の申込手続)

第2条 条例第10条に規定する奨学金の貸付けを受けようとする者は、次の各号に掲げる書類をみやこ町奨学生選考委員会委員長(以下「委員長」という。)に提出しなければならない。

(1) みやこ町奨学資金申込書(様式第1号)

(2) 学校長の推薦書(様式第2号)

(3) 奨学生の属する世帯全員の住民票の写し

(4) 家庭の状況調書(様式第3号)

(5) 在学証明書又は入学許可証明書

(6) 奨学生の保護者又は未成年後見人たる世帯主(以下「世帯主」という。)でない連帯保証人の住民票の写し

(7) 連帯保証人の納税証明書及び使用料等の納付証明書

(所得制限)

第3条 条例第3条第1項第2号の認定で、所得については、独立行政法人日本学生支援機構に関する省令(平成16年文部科学省令第23号)第21条第2項第2号に規定する独立行政法人日本学生支援機構の定める基準を準用する。ただし、特別な事情がある場合は、この限りでない。

(奨学生の決定等)

第4条 みやこ町奨学生選考委員会において奨学生を選考決定したときは、委員長は、奨学生決定通知書(様式第4号)により世帯主を通じて申請者に通知する。

2 前項の規定による決定通知を受けた者(以下「奨学生」という。)は、直ちに連帯保証人2人と連署した誓約書(様式第5号)、奨学資金借用書(様式第6号)、印鑑証明書及び奨学資金口座振込依頼書(様式第7号)を添えて委員長に提出しなければならない。

3 前項の規定による連帯保証人は、次に掲げる者でなければならない。ただし、委員長が認めたときは、この限りでない。

(1) 世帯主

(2) 次条に掲げる資格を有する者

(連帯保証人の資格)

第5条 前条第3項第2号に掲げる連帯保証人は、みやこ町に居住し、奨学金の貸付け開始の属する年度の前年度において町民税所得割が課され、税及び使用料等を納付している者でなければならない。

(異動等の届出)

第6条 条例第12条の規定による異動があった場合には、奨学生は、休学届(様式第8号)、復学届(様式第9号)、転学届(様式第10号)又は退学届(様式第11号)を委員長に提出しなければならない。

2 奨学金の受給期間中に、奨学生又は連帯保証人が住所を変更したときは住所変更届(様式第12号)を、連帯保証人が死亡、転出等により変更しなければならないときは連帯保証人変更届(様式第13号)を委員長に提出しなければならない。

3 前項の規定による連帯保証人の変更に伴う連帯保証人の資格については、第4条の規定を準用する。

(奨学金の返還)

第7条 条例第17条の規定により奨学金を返還するときは、返還開始月の前月までに世帯主を通じて本人に奨学金の返還通知をするものとする。

(奨学金返還の猶予)

第8条 条例第18条の規定による奨学金の返還猶予については、奨学金返還猶予申請書(様式第14号)に、疾病の場合は医師の診断書、特別の場合はその事情を証明する書類を添付して申請しなければならない。

2 前項の申請により償還金の償還猶予を決定した場合は、奨学金返還猶予決定通知書(様式第15号)を世帯主を通じて本人に交付するものとする。

(奨学金返還の免除)

第9条 条例第19条の規定による奨学金返還の免除については、奨学金返還免除申請書(様式第16号)に同条第1号の事由によるときは死亡診断書、同条第2号及び第3号の事由によるときは、それぞれの事情を証明する書類を添付して申請しなければならない。

2 前項の申請により奨学金の全部若しくは一部の返還免除を決定したときは、奨学金返還免除決定通知書(様式第17号)を本人又は遺家族に交付するものとする。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、その都度委員長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の勝山町奨学資金貸付条例施行規則(平成16年勝山町教育委員会規則第1号)又は豊津町奨学資金貸付条例施行規則(平成17年豊津町教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年11月25日教委規則第7号)

この規則は、平成20年12月1日から施行する。

附 則(平成23年3月25日教委規則第3号)

(施行期日)

1 この規則は、平成23年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の第2条第7号及び第5条の規定は、平成23年4月1日以後の申込みに係る奨学金から適用し、同日前の申込みに係るものについては、なお従前の例による。

画像

画像

画像

画像

画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

みやこ町奨学資金貸付条例施行規則

平成18年3月20日 教育委員会規則第17号

(平成23年4月1日施行)