○みやこ町町有財産審査会要綱

平成18年3月20日

訓令第22号

(設置)

第1条 町有財産の取得及び処分の適正な運営並びに価格等の公正を期するため、みやこ町町有財産審査会(以下「審査会」という。)を置く。

(審査事項)

第2条 審査会は、次に掲げる事項を審査する。

(1) 不動産の取得及び処分の決定に関すること。

(2) 不動産の取得及び処分に係る価格の決定に関すること。

(3) その他町有財産の取得及び処分に関して必要なこと。

(組織)

第3条 審査会は、委員7人で組織する。

2 委員は、次に掲げる職にある者を充てる。

(1) 副町長

(2) 総務課長

(3) 財政課長

(4) 税務課長

(5) 行政経営課長

(6) 都市整備課長

(7) 建築課長

(会長及び副会長)

第4条 審査会に会長及び副会長を置く。

2 会長には、副町長の職にある者を充てる。

3 副会長には、総務課長の職にある者を充てる。

(会長及び副会長の職務)

第5条 会長は、審査会の会務を掌理し、会議を招集し、その議長となる。

2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は欠けたときは、その職務を代理する。

3 会長及び副会長に事故があるときは、あらかじめ会長の指定する委員が、その職務を代理する。

(会議)

第6条 審査会の会議は、必要に応じ、会長が招集する。

2 審査会は、委員の半数以上が出席しなければ、会議を開くことができない。

3 審査会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

4 委員は、自己又は配偶者若しくは3親等内の親族に直接の利害関係のある事項については、その審査に加わることはできない。ただし、審査会の同意があるときは、会議に出席し、発言することができる。

5 審査会は、会長がやむを得ないと認めたときは、持ち回りにより審査することができる。

(意見の聴取)

第7条 審査会は、必要があると認めるときは、関係者の出席を求めて意見を聴くことができる。

2 関係課長は、事情説明のため委員長から出席を求められたときは、審査会に出席しなければならない。

(審査手続)

第8条 町長は、財産の取得及び処分をしようとするときは、諮問書(様式第1号)及び財産調書(様式第2号)に必要な事項を記載し、位置図を添えて会長に提出しなければならない。

(報告)

第9条 会長は、審査会において審査した結果を町長に報告しなければならない。

(審査会の庶務)

第10条 審査会の庶務は、財政課管財係において行い、事務処理に関し必要な事項は、委員長が定める。

附 則

この訓令は、平成18年3月20日から施行する。

附 則(平成19年7月18日訓令第17号)

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(平成23年3月31日訓令第3号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

付 則(平成29年4月1日訓令第15号)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

画像

画像

みやこ町町有財産審査会要綱

平成18年3月20日 訓令第22号

(平成29年4月1日施行)