○みやこ町職員の特殊勤務手当に関する条例

平成18年3月20日

条例第51号

(趣旨及び効力)

第1条 この条例は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第24条第5項の規定に基づき、職員の特殊勤務手当に関する事項を定めるものとする。

(特殊勤務手当の種類)

第2条 特殊勤務手当の種類は、次のとおりとする。

(1) 感染症防疫作業に従事する職員の特殊勤務手当

(2) 行旅病人及行旅死亡人取扱法(明治32年法律第93号)第2条及び第7条の規定により従事する職員の特殊勤務手当

(感染症防疫作業に従事する職員の特殊勤務手当)

第3条 感染症防疫作業に従事する職員に特殊勤務手当を支給する。

2 前項の手当を支給する職員の範囲及び手当の額は、次のとおりとする。

(1) 感染症防疫作業従事者の職員手当

 ぺスト、コレラ、痘瘡の防疫作業 1日 1,500円

 を除く法定感染症の防疫作業 1日 1,000円

 その他感染症防疫及び予防作業 1日 500円

第4条 行旅病人及行旅死亡人取扱法第2条及び第7条の規定により従事する職員に支給する特殊勤務手当の額は、次のとおりとする。

(1) 行旅病人の救護に従事する職員

1件につき 1,000円

(2) 行旅死亡人の屍体の処理に従事する職員

1件につき 1,500円

(委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の犀川町職員特殊勤務手当に関する条例(昭和34年犀川町条例第69号)、勝山町職員特殊勤務手当支給条例(昭和31年勝山町条例第42号)又は豊津町職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和41年豊津町条例第135号)(以下これらを「合併前の条例」という。)による特殊勤務手当については、なお合併前の条例の例による。

附 則(平成28年3月30日条例第9号)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日条例第12号)

この条例は、平成29年4月1日から施行する。

みやこ町職員の特殊勤務手当に関する条例

平成18年3月20日 条例第51号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当
沿革情報
平成18年3月20日 条例第51号
平成28年3月30日 条例第9号
平成29年3月31日 条例第12号