○みやこ町職員被服等貸与規程

平成18年3月20日

訓令第20号

(趣旨)

第1条 この訓令は、別に定めがあるものを除き、職員に対する被服の貸与に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員の範囲)

第2条 この訓令における「職員」とは、本町に勤務する職員で、職員の区分については、みやこ町臨時的任用職員に関する規則(平成18年みやこ町規則第30号)第2条各号に掲げるものをいう。

(貸与)

第3条 被服の貸与を受ける職員、貸与する被服の種類及び貸与期間は、別表に定めるところによる。ただし、被服を貸与することが不適当と認められる者に対してはこれを貸与せず、及び貸与期間が実情にそわない場合においては、これを伸縮することがある。

2 貸与する被服の上衣には、左胸部ポケットの上に町名を縫い付けるものとする。

(被服の着用等)

第4条 被服の貸与を受けた職員(以下「被貸与者」という。)は、職務従事中貸与された被服(以下「貸与被服」という。)を着用しなければならない。

2 被貸与者は、貸与被服を職務に従事するとき以外に着用してはならない。

3 貸与被服に夏服及び冬服の区別がある場合は、その着用期間は、原則として次のとおりとする。

夏服 6月1日から9月30日まで

冬服 10月1日から翌年5月31日まで

(貸与被服の取扱い)

第5条 被貸与者は、貸与被服を愛護し、かつ、有効に使用するように努め、貸与被服を破損し、又は汚損したときは、これを補修し、又は洗浄しなければならない。

(貸与被服の破損、紛失等の場合の措置)

第6条 被貸与者は、貸与被服が貸与期間内に破損等により使用に耐えなくなったとき、又は貸与被服を紛失したときは、直ちに町長に届け出なければならない。

2 町長は、前項の届出があった場合は、実情を調査し、貸与被服の破損又は紛失が被貸与者の故意又は重大な過失によるものと認められるときは、被貸与者は、補償しなければならない。

3 町長は、第1項の届出があった場合において、やむを得ない事情があると認めたときは、再貸与の手続を取ることができる。

(貸与期間の延長)

第7条 被貸与者が休職、長期休暇等による長期間職務に従事しないときは、その実情に応じ、貸与被服の貸与期間を延長することができる。

(貸与被服の返納等)

第8条 町長は、被貸与者が退職、異動等により被服の貸与を要しないこととなったとき、又は貸与期間を経過した被服について貸与被服を更新するときは、直ちに旧貸与被服を返納させなければならない。

2 被貸与者が異動により勤務箇所を変わった場合において、引き続き同一種類の被服の貸与を受けることとなるときは、前項の規定にかかわらず、現に貸与している貸与被服を引き続き使用させるものとする。

(貸与台帳の整備)

第9条 町長は、物品分管責任者に被服貸与台帳(様式第1号)に必要事項を記載させ、常に貸与被服の貸与状況を明らかにしておかなければならない。

2 前条第2項の場合において、物品分管責任者は、当該被服貸与台帳を整理しなければならない。

(報告)

第10条 分管責任者は、毎年度の末日において当該年度内における被服の貸与状況について被服貸与状況報告書(様式第2号)を、翌年度4月1日において貸与被服現況報告書(様式第3号)を作成し、4月30日までに町長に提出しなければならない。

附 則

この訓令は、平成18年3月20日から施行する。

附 則(平成30年3月30日訓令第3号)

この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

貸与を受ける職員

貸与する被服の種類

貸与期間

公共施設等の営繕又は修理に係わる業務に従事する一般職員、嘱託職員及び臨時職員

作業服(上・下)夏

2年

作業服(上・下)冬

2年

上下水道施設等の管理に係わる業務に従事する一般職員

作業服(上・下)夏

2年

作業服(上・下)冬

2年

土木建築等の現場監督に係わる業務に従事する一般職員及び嘱託職員

作業服(上・下)夏

2年

作業服(上・下)冬

2年

必要に応じ、上記以外の業務に従事する一般職員

作業服(上・下)夏

3年

作業服(上・下)冬

3年

必要に応じ、上記の業務に従事する一般職員

防水防寒コート

4年

画像画像

画像

画像

みやこ町職員被服等貸与規程

平成18年3月20日 訓令第20号

(平成30年4月1日施行)