○みやこ町職員服務規程

平成18年3月20日

訓令第19号

(趣旨)

第1条 この訓令は、法令その他に特別の定めがあるもののほか、みやこ町職員(以下「職員」という。)の服務に関し必要な事項を定めるものとする。

(服務の原則)

第2条 職員は、町民全体の奉仕者として公務を民主的かつ能率的に運営すべき責務を深く自覚し、誠実かつ公正に服務しなければならない。

(登庁)

第3条 職員は、勤務開始時刻と同時に執務を開始できるように登庁しなければならない。

2 職員は、登庁したときは、直ちに自ら出勤簿(別記様式)に押印しなければならない。

3 所属長は、出勤簿、休暇簿及び出勤状況報告書を整備し、速やかに総務課長に提出しなければならない。

(超過勤務)

第4条 職員が正規の勤務時間外に勤務することを命ぜられたときは、超過勤務命令により、これを受けなければならない。

(退庁)

第5条 職員は、勤務終了時刻後は、特に命令がない限り速やかに退庁しなければならない。

(離席)

第6条 職員は、勤務時間中みだりに執務の場所を離れてはならない。

2 公務のため執務の場所を離れ、又は外出しようとするときは、あらかじめ用件、行先及び所要予定時間を上司に届け出なければならない。

(休憩時間における事務処理)

第7条 職員は、休憩時間であっても担当事務の処理経過を明確にしておかなければならない。

(本務以外の勤務)

第8条 職員は、その本務以外に、災害及び町主催の行事等町長において必要と認めるときは、その業務に従事しなければならない。

(旅行命令の復命等)

第9条 旅行命令を受けた職員は、その出発の日時及び宿泊所(町外旅行の場合に限る。)を所属長に届け出て、当該旅行を完了後できるだけ速やかに復命書を提出しなければならない。ただし、宿泊を伴わない県内旅行に係る事項その他特に軽易な事項については、文書に代え口頭で復命することができる。

(事務の引継ぎ)

第10条 職員は、勤務替え若しくは休職を命ぜられ、又は退職するときは、速やかに担任事務の処理経過について事務引継書を作成し、後任者又は所属長の指定した職員に引き継がなければならない。ただし、軽易な事項については、口頭で引き継ぐことができる。

2 職員は、出張、休暇その他の理由により不在となるときは、担任事務の処理について必要な事項を上司に届け出又は関係職員に引き継ぎ、事務処理に支障を生じないようにしなければならない。

(証人、鑑定人等としての出頭)

第11条 職員は、職務に関し、証人、鑑定人、参考人等として裁判所、地方公共団体の議会その他官公署へ出頭を求められたときは、その旨を届け出なければならない。

2 前項の場合において、職務上の秘密に属する事項について陳述又は供述を求められたときは、その陳述又は供述しようとする内容について、あらかじめ承認を受けなければならない。

3 職員は、陳述又は供述した内容を速やかに文書で報告しなければならない。

(出勤簿等の整理保管)

第12条 出勤簿及び休暇簿は、所属長が整理保管の任に当たるものとする。

2 出勤簿及び休暇簿は、当該年次終了後速やかに総務課長に引き継ぐものとする。

(年次休暇及び特別休暇)

第13条 年次休暇又は特別休暇を受けようとするときは、原則としてその前日までに申請しなければならない。

(名札)

第14条 職員は、特別の事由がない限り、勤務時間中は名札を着けなければならない。

(その他の服務心得)

第15条 職員は、庁舎及びその付近に火災その他非常事態が発生したときは、やむを得ない事由がある場合を除き、速やかに登庁して臨機の処置をしなければならない。

2 職員は、職務の遂行に関し事故が発生したときは、速やかにその内容を上司に報告して、その指示を受けなければならない。

(セクシュアル・ハラスメントの禁止)

第16条 職員は、他の者を不快にさせる職場における性的な言動及び他の職員を不快にさせる職場外における性的な言動を行ってはならない。

2 職員は、前項に規定する言動に対する拒否、抗議等の申出を行った者に対して不利益を与えてはならない。

(庁舎の保全)

第17条 職員は、庁舎の保全に関しては、次に定める事項を守らなければならない。

(1) 常に庁舎の清潔を保持し、執務に支障のないよう整理整とんに心がけること。

(2) 庁舎の壁、柱等には、みだりにくぎ付けをしないこと。

(3) ポスター等を掲示するときは、美観を損なわないようにすること。

(4) 廊下その他所定の場所以外に物品を放置し、通行を妨げないこと。

(盗難の防止等)

第18条 職員は、常に物品等の紛失及び盗難の予防に注意しなければならない。

2 庁内において盗難があったときは、当該所属長は、現場を保存し、直ちに盗難品の品名、数量、状況等を記載した文書をもって総務課長に届け出なければならない。

(退庁時における書類及び物品の保管並びに火気等の点検)

第19条 職員は、退庁の際、各自の所管に係る書類及び物品を所定の場所に保管し、火気及び戸締まりを点検して、異状のないことを確認しなければならない。

2 重要書類及び物件の収容場所には、非常持出しの表示をしておかなければならない。

(その他)

第20条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成18年3月20日から施行する。

附 則(平成20年10月14日訓令第10号)

この訓令は、平成21年1月1日から施行する。

附 則(平成29年12月28日訓令第17号)

この訓令は、平成30年1月1日から施行する。

画像

みやこ町職員服務規程

平成18年3月20日 訓令第19号

(平成30年1月1日施行)