○みやこ町交通安全指導員設置条例

平成18年3月20日

条例第19号

(設置)

第1条 交通安全対策基本法(昭和45年法律第110号)第4条に基づき、みやこ町交通安全指導員(以下「指導員」という。)を設置する。

(指導員の定数)

第2条 指導員の定数は、15人以内とする。

(指導員の委嘱)

第3条 指導員は、みやこ町民の内から定数の範囲内で、町長が委嘱する。

(指導員の任期)

第4条 指導員の任期は、2年とする。ただし、補欠指導員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 前項の指導員は、再任を妨げない。

3 指導員としての適格性を欠く場合は、解嘱することができる。

(報酬及び費用弁償)

第5条 指導員の報酬及び費用弁償については、みやこ町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成18年みやこ町条例第43号)の定めるところによる。ただし、街頭指導時の費用弁償は支給しない。

(委任)

第6条 この条例に定めるもののほか、指導員に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成18年3月20日から施行する。

みやこ町交通安全指導員設置条例

平成18年3月20日 条例第19号

(平成18年3月20日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第10節 生活・交通安全対策
沿革情報
平成18年3月20日 条例第19号