○みやこ町防災行政無線施設の設置及び管理に関する条例

平成18年3月20日

条例第17号

(設置)

第1条 本町における災害等に関する情報の収集及び伝達を円滑にするとともに、平常時における行政広報等を正確かつ迅速に伝達し、住民の福祉の向上を目的として、みやこ町防災行政無線施設(以下「防災行政無線」という。)を設置する。

(業務)

第2条 防災行政無線による広報の業務は、次のとおりとする。

(1) 災害時等の緊急事項の通報及び連絡

(2) 町の公示事項及び広報事項の伝達

(3) 官公署、公共的団体等の公示事項及び広報事項の伝達

(4) その他町長が必要と認める事項の周知及び伝達

(業務区域)

第3条 広報の業務を行う区域は、町の全域とする。

(親局、中継局等及び屋外拡声子局の設置)

第4条 広報の業務を行うための親局は、みやこ町勝山上田960番地みやこ町役場本庁に設置する。

2 中継局等の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

中継局

みやこ町犀川上高屋176番地

簡易中継局

みやこ町国作1388番地2

再送信子局

みやこ町豊津1118番地

3 屋外拡声子局(以下「拡声子局」という。)は、広報事項等が伝達し得る範囲において、町長が指定する場所に設置するものとする。

(遠隔制御装置等の設置)

第5条 京築広域圏消防本部に遠隔制御装置を、行政駐在員宅等に地区遠隔制御装置を設置し、関係住民に対する広報伝達を町の通信統制のもとに行うことができるものとする。

(戸別受信機の設置)

第6条 戸別受信機は、町内に住居を有する者の世帯及び町長が指定する施設を単位として設置する。

(受信機等の貸与)

第7条 地区遠隔装置及び戸別受信機(以下「受信機等」という。)は、第5条及び第6条に規定する行政駐在員、世帯主又は管理者で、使用しようとする者の申請に基づきその者に貸与する。

2 貸与する受信機等は、行政区、世帯又は町長が指定する施設にそれぞれ1台とし、その使用料は無償とする。ただし、戸別受信機の維持管理に要する費用は、受信者等の負担とする。

(受信機等の返還)

第8条 使用者が、町に住所を有しなくなったとき、又は町長がその指定を必要と認めなくなったときは、速やかに受信機等を返還しなければならない。

(管理)

第9条 防災行政無線の管理者は、次のとおりとする。

(1) 本町の親局及び拡声子局装置は、みやこ町役場総務課が管理する。

(2) 遠隔制御装置は、京築広域圏消防本部が、地区遠隔装置は行政駐在員がそれぞれ管理する。

(3) 戸別受信機は、貸与された世帯主及び施設の代表者が管理する。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(適用)

2 この条例は、旧犀川町に防災行政無線施設が設置されるまで、旧勝山町及び旧豊津町において適用する。

(経過措置)

3 この条例の施行の日前日までに、合併前の勝山町防災行政無線通信施設の設置及び管理に関する条例(平成12年勝山町条例第4号)又は豊津町広報無線放送施設の設置及び管理に関する条例(昭和53年豊津町条例第16号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月16日条例第4号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月31日条例第1号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年3月22日条例第12号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

みやこ町防災行政無線施設の設置及び管理に関する条例

平成18年3月20日 条例第17号

(平成25年4月1日施行)