○総合行政ネットワーク文書の取扱いに関する要領

平成18年3月20日

訓令第8号

(趣旨)

第1条 この訓令は、みやこ町文書管理規程(平成18年みやこ町訓令第6号。以下「文書管理規程」という。)第3条第4項の規定に基づき、総合行政ネットワーク文書の取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 総合行政ネットワーク文書 電磁的記録(電子的方式、電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう。以下同じ。)のうち総合行政ネットワークの電子文書交換システムを利用し、電子署名を付与されて本町の通信機器において送受信されるものをいう。

(2) 電子署名 電磁的記録に記録することができる情報の真正な成立について検証するために行われる措置であって、当該情報が当該措置を行った者の作成に係るものであることを示すためのものであり、かつ、当該情報について改変が行われていないかどうかを確認することができるものをいう。

(受信及び収受)

第3条 総務課庶務係職員は、次に掲げるところにより総合行政ネットワーク文書の受信に係る事務を処理するものとする。

(1) 毎日定時に総合行政ネットワーク文書の着信確認を行うこと。

(2) 受信した総合行政ネットワーク文書の電子署名を検証すること。

(3) 受信した総合行政ネットワーク文書の形式上の誤りがある場合は、否認通知をそれぞれ送信すること。

(4) 前号の規定により受領通知を行った総合行政ネットワーク文書を適切な記録媒体に保存すること。

2 前項第4号の規定により印刷した文書は、着信時に到達した文書とみなし、文書管理規程の例により取り扱うものとする。

(電子署名)

第4条 総合行政ネットワーク文書の電子署名の付与は、次に掲げるところにより処理するものとする。

(1) 事務担当者は、送信する電磁的記録に決裁文書を添えて、総務課総務係職員に回付し、その照合を受けること。

(2) 総務課庶務係職員は、前号の照合をしたときは、決裁文書の照合欄に照合済みの印を押印し、送信する電磁的記録に電子署名を付与すること。

(送信)

第5条 総合行政ネットワーク文書の送信は、次に掲げるところにより処理するものとする。

(1) 事務担当者は、起案用紙に、「総合行政ネットワーク文書」と記入すること。

(2) 総合行政ネットワーク文書の送信は、総務課総務係職員が行うこと。

2 前項の規定により送信した総合行政ネットワーク文書は、送信日に施行した文書とみなし、文書管理規程の例により取り扱うものとする。

(電磁的記録による文書の取扱い)

第6条 電磁的記録による文書の取扱いに関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成18年3月20日から施行する。

総合行政ネットワーク文書の取扱いに関する要領

平成18年3月20日 訓令第8号

(平成18年3月20日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第3節 文書・公印
沿革情報
平成18年3月20日 訓令第8号