○みやこ町ミニバス運行に伴う補助金交付要綱

平成18年3月20日

告示第2号

(趣旨)

第1条 この告示は、地域住民の交通手段の確保及び地域社会の自立化を図ることを目的として、乗合タクシー(以下「ミニバス」という。)を運行する事業者に対して予算の範囲内において補助金を交付することに関し、みやこ町補助金等交付規則(平成18年みやこ町規則第43号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象事業者)

第2条 補助対象事業者は、道路運送法(昭和26年法律第183号。以下「法」という。)第3条第1号ロに規定する一般貸切旅客自動車運送事業を経営する者で、かつ、廃止されたバス路線の代替措置として町においてミニバスを運行する事業者とする。

(補助対象路線)

第3条 補助対象路線は、輸送目的が当該廃止されたバス路線の運行系統における運送目的と同じもので、次に掲げる路線とする。

(1) 犀川駅から帆柱までの路線

(補助対象期間)

第4条 補助金の交付対象期間は、平成19年度までとするが必要に応じ見直し、更新するものとする。

(補助金の交付額)

第5条 補助金額は、前条に規定する当該運行系統の補助対象期間に運送経費から運送収入を差し引いた欠損金額相当額とする。

(補助金の交付申請)

第6条 補助金の交付を申請しようとする補助対象事業者は、補助金交付申請書(様式第1号)に関係書類を添えて、町長に対しその定める期日までに提出しなければならない。

(補助金の交付決定)

第7条 町長は、前条の規定により提出された申請書を審査の上、これを正当と認めるときは、補助金の交付決定を行い、補助金交付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(補助金の交付)

第8条 前条の通知を受けた補助対象事業者は、当該補助金の交付を受けようとするときは、補助金交付請求書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(補助金の交付条件)

第9条 町長は、補助金の交付を決定する場合においては次の各号に掲げる条件を付するものとし、補助対象事業者は、これに従わなければならない。

(1) 交付を受けた補助金については、ミニバスの運行目的に従って効率的な運用を図ること。

(2) 補助金交付の日から起算して1年間は、当該補助金に係るミニバスの運行を確保すること。ただし、運行が困難となった場合には、その旨書面により町長に報告し、承認を受けること。

(3) 当該補助金に係るミニバス運行について、町と関係住民との協議が行なわれる場合には、出席すること。

(4) 補助金に係る経理については、他の経理と明確に区別した帳簿を備えて、その収入状況を明らかにしておくとともに、当該帳簿及び収支に関する証拠書類を補助金の交付を受けた日の属する会計年度の終了後5箇年間保存しておくこと。

(5) 前号に規定する帳簿等の関係書類について、町から開示の要求があった場合は、これに応じること。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の犀川町ミニバス運行に伴う補助金交付要綱(平成12年犀川町要綱第13号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

みやこ町ミニバス運行に伴う補助金交付要綱

平成18年3月20日 告示第2号

(平成18年3月20日施行)