○みやこ町公有バス管理規則

平成18年3月20日

規則第10号

(趣旨)

第1条 この規則は、みやこ町の所有する公有バス(以下「バス」という。)の運行管理について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 管理責任者 総務課長をいう。

(2) 公的使用 別表第1に規定する町の組織(以下「組織」という。)が、第4条第1項各号で定めた範囲においてバスを使用することをいう。

(3) 一般使用 別表第2に規定する町内各種団体(以下「団体」という。)が、第4条第2項各号で定めた範囲においてバスを使用することをいう。

(管理責任者)

第3条 管理責任者は、バスを良好な状態に管理するとともに、その使用、保全、整備等の状況を常に掌握しておかなければならない。

(使用の範囲)

第4条 公的使用として許可するバスの使用範囲は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 町の行事のため町長が必要と認めるとき。

(2) 町議会議員及び特別職の職員(非常勤の者を含む。)が、公務のため必要とするとき又はこれに準じるとき。

(3) 公が主催する研修会、講演会及び各種大会に参加するとき。なお、必ず職員が随行するものとし、職員が随行せず団体等のみの場合は、使用を許可しない。

(4) 町が研修会、講演会及び各種大会を実施するとき。

(5) 町立の保育所、小学校及び中学校(以下「学校等」という。)が主体となる行事(学習、体育、文化活動等)に参加するとき。なお、必ず職員(教員を含む。)が随行するものとし、保護者及び児童・生徒のみの場合は、使用を許可しない。

(6) 学校等が地区大会以上の大会に出場するとき。

(7) その他特に町長が必要と認めたとき。

2 一般使用として許可するバスの使用範囲は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 団体が本来の活動の一環として、公が主催する研修会、講演会及び各種大会への参加に使用するとき。

(2) 団体が主催する研修会、講演会及び各種大会のため使用し、福祉の向上又は教育及び文化の振興に資すると認められるとき。

(3) その他特に町長が認めたとき。

(使用時間)

第5条 バスの使用時間は、原則として、午前8時30分から午後5時までとする。ただし、特に町長が必要と認めたときは、この限りでない。

(使用の制限等)

第6条 バスの使用の制限は、次の各号のとおりとする。

(1) 20人以上で使用する場合は、大型バスを、15人以上28人未満でバスを使用する場合は中型バスを使用する。15人未満の場合は使用することができない。

(2) バスの運行距離は、1日あたり300キロメートル(宿泊を伴う場合は、1行程あたり500キロメートル)を限度とする。

(3) 団体が、バスを使用する場合は、日帰りのみとし、1会計年度あたり1回を限度とする。

(4) 前各号の規定にかかわらず、特に町長が必要と認めたときは、この限りではない。

(使用の申請等)

第7条 バスを使用しようとする者は、使用の日前7日までに、使用許可申請書(様式第1号)及び研修のため使用する場合には研修計画書(様式第2号)及び乗車名簿(様式第3号)を合わせて提出しなければならない。ただし、緊急の用務により使用の必要が生じたときは、この限りでない。

2 第2条第2号の組織の使用申請者は、条例又は規則で特に定めのあるもののほか、別表第1のとおりとする。

3 第2条第3号の団体の使用申請者は、別表第2のとおりとする。

(申請書の提出)

第8条 前条に定める使用許可申請書は、使用する日の1月前から受け付けることができる。(その日が閉庁日の場合は、最初の開庁日からとする。)ただし、公的使用の場合は、この限りではない。

(仮予約申請)

第9条 使用申請に当たっては、口頭で仮予約を受け付けることができる。ただし、仮予約の翌日から7日(7日目が閉庁日の場合は、最初の開庁日とする。)を経過するまでに使用許可申請書を提出しなかった場合は、仮予約申請は無効とする。

(使用許可)

第10条 使用の許可は、原則として管理責任者が申請を受理した順番で許可するものとする。

(使用料)

第11条 バスの使用料は無料とする。

(使用許可の取消し)

第12条 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは使用の許可を取り消し、又は拒否し、若しくは条件を変更することができる。

(1) この規則に違反したとき。

(2) 使用の条件に違反したとき。

(3) 虚偽その他不正の手段で許可を受けたとき。

(4) バスの管理、整備上運行が不能と認め、又は予測されるとき。

(運転業務の委託)

第13条 町長は、必要と認めるときは、運転業務を旅客運送業を営む者に委託することができる。

2 前項の委託にあたっては、町長は受託業者と別途契約を締結しなければならない。

(使用時間及び行先の変更)

第14条 バスの使用者は、使用承認のあった時間を超え、又は行先を変更して使用してはならない。やむを得ない理由により時間を超え、又は行先を変更しようとするときは、事前に管理責任者に連絡しその承認を受けなければならない。

(事故報告)

第15条 車両運転者は、事故が発生したときは、直ちに事故報告書(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

(運転者の義務)

第16条 バスの運転者は、運行の指示があった場合は、その指示に従い運行し、業務終了後は、運転日誌(様式第5号)に所要事項を記入し、管理者に提出しなければならない。

(その他)

第17条 この規則に定めるもののほか、バスの運行管理に必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の犀川町公有バス運行管理に関する規則(昭和59年犀川町規則第7号)、勝山町マイクロバス管理規則(平成6年勝山町規則第6号)又は豊津町公用車(バス)の運営管理に関する規程(平成2年豊津町規程第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月29日規則第1号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年1月25日規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年3月25日規則第3号)

(施行期日)

1 この規則は、平成21年4月1日から施行する。

(みやこ町公有バスの使用基準の廃止)

2 みやこ町公有バスの使用基準(平成18年みやこ町訓令第3号)は、廃止する。

(経過措置)

3 この規則の施行の日前に現に申請書を受理しているものについては、なお従前の例による。

附 則(平成24年1月17日規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日前に現に申請書を受理しているものについては、なお従前の例による。

別表第1(第2条関係)

組織名

使用申請者

議会

議会事務局長

執行機関

町の組織

みやこ町行政組織規則(平成18年みやこ町規則第5号)により設置された課

当該課長

町に事務局がある各協議会など

所管課長

行政委員会

みやこ町教育委員会処務規則(平成18年みやこ町教育委員会規則第6号)により設置された課及びみやこ町教育委員会が管理する公立学校

教育委員会当該課長

農業委員会

農業委員会事務局長

地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条の5に定義される委員会及び委員

所管課長

附属機関

地方自治法第202条の3第1項に定義される附属機関

所管課長

その他の機関

法律その他の規定により町長又はみやこ町教育委員会から委嘱された非常勤職員等の組織

所管課長

別表第2(第2条関係)

町内各種団体の種別

使用申請者

公共的団体

福祉団体、教育団体その他の町民を構成員とする任意団体で営利を目的としないもの

所管課長又は別表第1で規定する組織の使用申請者

補助団体

みやこ町補助金等交付規則(平成18年みやこ町規則第43号)の規定に基づき補助を受けている団体

その他の団体

第2条第2号の組織が所管する団体

画像

画像

画像画像

画像

画像

みやこ町公有バス管理規則

平成18年3月20日 規則第10号

(平成24年4月1日施行)