○みやこ町駐在員等の設置条例

平成18年3月20日

条例第8号

(趣旨)

第1条 この条例は、みやこ町の事務の連絡を円滑に推進するため、駐在員及び駐在補助員を設置することについて必要な事項を定めるものとする。

(駐在員等の設置)

第2条 駐在員は、区の自治組織(以下「区」という。)の長が選出される単位ごとに駐在員1人を置く。

2 駐在補助員は、班等の区の下部の自治組織(以下「班等」という。)ごとに1人を置く。

(駐在員等の委嘱)

第3条 駐在員は、区の長に選出された者について町長が委嘱する。ただし、その者が町議会議員である場合は、区の長を補佐する者のうちから、町長が委嘱するものとする。

2 駐在補助員は、班等の長に選出された者について委嘱したものとする。

(駐在員等の事務)

第4条 駐在員は、住民福祉の増進と行政事務の円滑な推進をはかるため、規則で定める事務を行う。

2 駐在補助員は、駐在員を補佐し、前項の事務を分担して行う。

(駐在員等の任期)

第5条 駐在員又は駐在補助員の任期は、当該区の長の職にある期間とする。

(解嘱)

第6条 町長は、駐在員が次の各号のいずれかに該当するときは、前条の任期中であっても、当該駐在員を解嘱することができる。この場合において、後任者の任期は、前任者の残任期間とする。

(1) 第4条第1項の規則で定める事務を理由なく拒み、若しくは怠り、又は故意に事務に従事しない場合

(2) 疾病等によりその事務を遂行することができない場合

(3) 前2号に掲げるもののほか、町長が不適当と認めた場合

(駐在員等の報酬)

第7条 駐在員及び駐在補助員は非常勤とし、みやこ町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成18年みやこ町条例第43号)の定めるところにより報酬を支給する。

2 前項に規定する報酬の算定に用いる担当地区の世帯数及び分担する区域の世帯数は、毎年4月1日現在の世帯数とする。ただし、著しく世帯数が増加したときは、町長の定める日現在の世帯とする。

(区又は班等の変更の届出)

第8条 任期満了その他の事由により新たに区の長が選出されたときは、その区の長は直ちにその氏名を町長に届け出るものとする。

2 駐在員は、その区に属する班又は戸数に異動を生じたときは、その旨を町長に届け出なければならない。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか必要な事項は、別に町長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の犀川町行政駐在員等設置条例(昭和49年犀川町条例第4号)、勝山町駐在員等の設置条例(昭和58年勝山町条例第17号)又は豊津町駐在員等設置条例(平成元年豊津町条例第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成23年6月23日条例第16号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年3月31日条例第9号)

この条例は、公布の日から施行する。

みやこ町駐在員等の設置条例

平成18年3月20日 条例第8号

(平成29年3月31日施行)