○みやこ町庁舎管理等に関する内規

平成18年3月20日

訓令第1号

(目的)

第1条 この訓令は、みやこ町庁内管理規則(平成18年みやこ町規則第6号。以下「規則」という。)第9条(第1項第1号は除く。)に規定する庁内使用許可について必要な事項を定め、もって庁内の保全及び秩序の維持を図り、公務の円滑な遂行を期することを目的とする。

(許可すべき事項)

第2条 次の各号のいずれかに該当するものは、許可することができる。

(1) 国及び地方公共団体(法律及び地方公共団体の条例等で設置されている機関並びに団体を含む。)

(2) みやこ町役場(町議会、教育委員会、農業委員会その他条例、規則等で設置されている機関及び団体を含む。)

(3) みやこ町内に所在する専ら公共に奉仕することを目的とする団体

(4) みやこ町役場職員互助会及び郡自治会

(5) みやこ町役場職員労働組合

(6) その他町長が認める団体等

(不許可とすべき事項)

第3条 次の各号のいずれかに該当するものは、許可することができない。

(1) 特定の団体の営利宣伝の目的の用に使用するとき。

(2) 特定の宗教活動の用に使用するとき。

(3) 特定の政治活動の営利宣伝の目的の用に使用するとき。

(4) 規則第7条の禁止行為をするおそれのあるもの

(使用許可の取消し等)

第4条 次の各号のいずれかに該当するときは、使用の許可を取り消し、又はその使用を停止させることができる。

(1) 前条各号のいずれかに該当すると認められるとき。

(2) 申請に虚偽の内容があるとき。

2 前項の措置により生じた一切の損害について、町はその責めを負わない。

3 使用の許可を取り消し、又は使用の中止を求める通告は、理由を付して文書により行うものとする。緊急を要するときは、口頭で行うことができる。

(原状回復の義務)

第5条 使用者は、使用が終わったとき、又は前条の規定により使用許可の取消し若しくは使用の停止を受けたときは、直ちに原状に回復しなければならない。

2 前項の規定により原状に回復したときは、総務課長に届け出て検査を受けなければならない。

3 使用者が原状回復を行わないときは、町がこれを行い、その費用を使用者から徴収する。

(許可台帳の整理)

第6条 総務課長は、許可台帳(別記様式)に必要事項を申込者に記入させ、整理しておかなければならない。

附 則

この訓令は、平成18年3月20日から施行する。

画像

みやこ町庁舎管理等に関する内規

平成18年3月20日 訓令第1号

(平成18年3月20日施行)