本文へジャンプ

みやこ町ホームページ
 
文字を小さく文字を標準文字を大きく
 
 


現在位置:みやこ町ホームページの中の健康と福祉の中の児童手当

 

児童手当について

 

 
 

児童手当の概要

 
1.趣旨 
 

 児童手当は、次代の社会を担う児童の健やかな育ちを社会全体で応援するという趣旨のもとに児童の養育者に支給するものです。

 
2.支給対象となる児童
 

 中学校終了前(15歳に達した日以降の最初の3月31日)までの児童で国内に住所を有する者
※海外留学中の場合も一定の要件に該当すれば対象となります。

 
3.支給対象者
 

 みやこ町に住所を有し、下記に該当する方
・支給対象となる児童を看護師、かつ生計を同じくする父または母のうち、生計を維持する程度の高い方
・父母が養育していない児童を監護し、同居する養育者
・未成年後見人や父母指定者(父母等が国外にいる場合)
・施設入所等児童の施設設置者または里親

 
4.手当の額

 
所得制限限度額未満
・3歳未満  15,000円
・3歳以上~
  小学校終了前
 10,000円(第1子、第2子)
 15,000円(第3子)
・中学生  10,000円 

 
所得制限限度額以上
・年齢に関係なく一律  5,000円 
 

※児童の数は高校生(18歳に達した後に最初の3月31日をむかえた子ども)までの児童のうち、年長者から第1子、第2子…と数えます。

 
5.所得制限の基準額
 
所得制限の基準額
 
扶養親族の数
 
所得額
 
収入額の目安
0人
622万円
833.3万円
1人
660万円
875.6万円
2人
698万円
917.8万円
3人
736万円
960.0万円
4人
774万円
1002.1万円
5人
812万円
1042.1万円
 

「収入額の目安」は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。

 

(注)
1.所得税法に規定する老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる方の限度額(所得額ベース)は、上記の額に当該老人控除対象配偶者または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額。
2.扶養親族数の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベースは)、5人を超えた1人につき38万円(扶養親族等が老人控除配偶者または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額。

 
6.現況届 ⇒詳しくはこちら
 

毎年6月は児童手当の現況届月となっています。
届け出がない場合は手当が支給できなくなる場合があります。

 
   
7.支給を受けるための手続き等 

 

・手当の支給を受けるためには、児童を養育している親や施設設置者等が、みやこ町に申請(認定請求)を行う必要があります。
・手当の支払期月は、6月、10月、2月であり、前月分までの手当をお支払いします。   
※なお公務員の方は、勤務先での手続きとなりますので、勤務先にご確認下さい。

 

手続きに必要な書類

 

出生、転入等により新たに受給資格が生じた場合は、認定請求の手続きを行ってください。

認定請求に必要なもの
(1) 健康保険証の写し
(2) 申請者名義の通帳の写し
(3) 印鑑(シャチハタ不可)
(4)所得証明書(当年1月2日以降に転入したかた。転入元の市町村で取得してください。)
(5) その他必要書類(別居監護、児童の留学などの場合)
 
 
 



 
 

手続きが必要な場合

 
手続きが必要な場合
提出を必要とするとき      届出の種類  
 新たに受給資格が生じたとき 認定請求書
 毎年6月(すべての受給者) 現況届
 他の市区町村に住所が変わったとき 受給事由消滅届  
 出生などによって支給対象となる児童が増えたとき 額改定認定請求書
 その他の理由で支給対象となる児童が減ったとき 額改定届
 受給者が公務員になったとき 受給事由消滅届
 同じ市区町村の中で住所が変わったとき 住所変更届
 養育している児童の住所が変わったとき 住所変更届
 受給者または養育している児童の名前が変わったとき 氏名変更届
 児童と別居して監護することになったとき 別居監護申立書
 振込希望金融機関を変更するとき 金融機関変更届
 
 
8.児童手当の支払い 
 

手当は、認定請求を提出した月の翌月から、支給事由の消滅した月分まで支給されます。

 
児童手当の支払日
2月~5月分 6月10日
6月~9月分 10月10日
10月~1月分 2月10日

 

※支払日が金融機関の休日にあたる場合は、その直前の営業日になります。

 


☆児童手当の趣旨にご理解をお願いします☆

児童手当は、次代の社会を担う児童の健やかな育ちを応援するという趣旨のもとに支給するものです。児童手当を受給された方には、児童手当の趣旨に従って、児童手当を用いなければならない責務が法律上定められています。
 (なお、万一、児童の育ちに係る費用である学校給食費や保育料等などを滞納しながら、児童手当が児童の健やかな育ちと関係のない用途に用いられることは、法の趣旨にそぐいません。児童手当の趣旨について十分にご理解をいただきますよう、よろしくお願いいたします。)



☆児童手当の寄附について☆

 児童手当の全部又は一部の支給を受けずに、これをみやこ町に寄附して、児童・子育て支援の事業のために活かしてほしいという方には、簡便に寄附を行うことができる手続きもありますので、ご関心の方は、お問い合わせください。




 

 
 
【お問い合わせ】
みやこ町役場 子育て・健康支援課 子ども未来係   
TEL:0930-32-2725
 


 
 
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)
みやこ町役場本庁 〒824-0892 福岡県京都郡みやこ町勝山上田960番地  みやこ町へのアクセス
TEL:0930-32-2511 FAX:0930-32-4563                各課電話番号
代表メールアドレス:miyako@town.miyako.lg.jp             各課メールアドレス
犀川支所 〒824-0292 福岡県京都郡みやこ町犀川本庄646番地 TEL:0930-42-0001 FAX:0930-42-1993
豊津支所 〒824-0192 福岡県京都郡みやこ町豊津1118番地   TEL:0930-33-3111 FAX:0930-33-3355