本文へジャンプ

みやこ町ホームページ
 
文字を小さく文字を標準文字を大きく
 
 


現在位置:みやこ町ホームページの中の健康と福祉から国民健康保険 国保のしくみ

国民健康保険 国保のしくみ


国保に加入する人


 日本では、国民が安心して医療を受けられるように全ての人が何らかの健康保険に加入しなければならない(国民皆保険制度)ことになっています。 会社の健康保険(健保組合、共済組合等)に加入していない人は、職業、年齢、性別に関係なく全て国民健康保険に加入することになります。国民健康保険は、それぞれの市町村がその運営を行っています。



70歳以上の医療制度

 70歳になった翌月(1日生まれの場合はその月)から、2割(注)(現役並みの所得がある方は3割)で医療を受けることができます。また自己負担額が高額になったときの限度額なども変わります。医療を受けるときは「国民健康保険高齢受給者証」と「保険証」を医療機関の窓口に提出して受診してください。

 (注)昭和19年4月1日までに生まれたかたは1割負担に据え置かれ、現役並み所得のかたは、今までどおり3割負担になります。


退職者医療制度(平成27年3月31日までに退職されたかたで以下に該当する場合)

 会社を退職し、年金を受け取る資格のある人、またその扶養者は65歳の誕生日の月末まで(1日生まれは前月まで)「退職者医療制度」の適用となります。個人の医療機関での負担率は変わりませんが、国民健康保険の適切な運用上必ず届出を行ってください。


国保に加入するとき、やめるとき

 会社の健康保険等と違い、国民健康保険では世帯主がいろいろな手続きを行わなければなりません。次のようなときは、14日以内に役場担当窓口で届出を行ってください。


入院が決まったら

 入院をする前に、「限度額適用認定証」の交付の申請を行ってください。医療機関に提示すれば窓口で支払う医療費を高額療養費の自己負担限度額までにとどめることができます。


一ヶ月の医療費が高額になったとき

 一ヶ月の医療費が高額になった場合、限度額を超えたものは後で支給を受けることができます。そのためには申請が必要となります。必要な書類を添付のうえ、申請を行ってください。


特定健康診査・特定保健指導について

 平成20年度から生活習慣病を未然に防ぐため、特定健康診査・特定保健指導が実施されるようになりました。対象となるのは、40~74歳の国保被保険者です。生活習慣病予防のため1年に1回は受診するようにしましょう。
 また、みやこ町では、若年のうちから健康への関心を持っていただくため、30代健診も実施しています。


 まる国民健康保険の手続き         まる病院での支払いが高額になったとき

 まる交通事故にあったとき          まる退職したとき

 まる70歳になったとき             まる国民健康保険税について

 まる国保の届け出は14日以内に


 国民健康保険は、いつ起こるか分からない病気やケガに備えて、加入者のみなさんがお金を出し合い、必要な医療費などに充てる助け合いの制度です。



【お問い合わせ】
みやこ町役場 保険福祉課
 TEL:0930-32-2516
 


 
 
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)
みやこ町役場本庁 〒824-0892 福岡県京都郡みやこ町勝山上田960番地  みやこ町へのアクセス
TEL:0930-32-2511 FAX:0930-32-4563                各課電話番号
代表メールアドレス:miyako@town.miyako.lg.jp             各課メールアドレス
犀川支所 〒824-0292 福岡県京都郡みやこ町犀川本庄646番地 TEL:0930-42-0001 FAX:0930-42-1993
豊津支所 〒824-0192 福岡県京都郡みやこ町豊津1118番地   TEL:0930-33-3111 FAX:0930-33-3355