本文へジャンプ

みやこ町ホームページ
 
文字を小さく文字を標準文字を大きく
 
 


現在位置:みやこ町ホームページの中の健康と福祉からお医者さんにかかるとき

お医者さんにかかるとき


 国保では、保険証を持ってお医者さんで次のような医療を受ける場合に、かかった医療費の一部を負担するだけで済みます。


◆診療
◆病気やケガの治療
治療に必要な薬や注射
入院、看護
レントゲン撮影、検査

※訪問看護(医師の指示による)を利用するときにも保険証が使えます。
イメージ

  ストップ 注意 保険証が使えない場合があります。


使えません
使えません
健康診断・集団健診・予防接種
正常な妊娠・出産
経済的な理由による妊娠中絶
美容整形
歯列矯正
日常生活に支障のないわきが・しみなどの治療
仕事上の病気やケガ(労災保険が適用されます)


給付が制限されます
給付が制限されます
犯罪を犯したときや故意による病気やケガ
医師や保険者の指示に従わなかったとき
けんか、泥酔などによる病気やケガ


<年齢別 医療費負担の割合>
年齢別 医療費負担の割合
0歳~義務教育就学前 義務教育就学後~69歳 70歳以上
医療費の2割医療費の3割医療費の2割(注)
(※または3割)

(注)昭和19年4月1日までに生れた方は、1割負担に据え置かれ、現役並み所得の方は、3割負担になります。

※70歳以上の人の医療についてはこちら

 





<入院中の食事代が安くすみます>
 国保が費用の一部を負担しますので、以下の金額を支払うだけですみます。
入院中の食事代
一般加入者 360円(1食あたり)
住民税非課税世帯等
70歳以上で低所得IIの人
90日までの入院 210円(1食あたり)
90日を越える入院
(過去12ヶ月の入院日数)
160円(1食あたり)
70歳以上で低所得者Iの人 100円(1食あたり)

☆高額医療費の支給対象にはなりません。
☆住民税非課税世帯、70歳以上で低所得IIの人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」)が必要です。
☆70歳以上の人が療養病床に入院した場合、食費に加えて居住費が自己負担となります。
 


<申請により現金が支給されます>
申請により現金が支給されます
◇出産育児一時金 国保に加入している人が出産したとき(妊娠85日以上の死産、流産を含む)に支給されます。
◇葬祭費 国保に加入している人が死亡したとき、葬祭を行った人に支給されます。
◇移送費 重病人が入院・転院のために移送に費用がかかったときに支給されます。(国保が必要と認めた場合)


<申請により払い戻しが受けられます>

 次のようなとき、医療費を全額自己負担にした場合には、国保の窓口に申請すれば、保険で認められた部分があとで払い戻されます。

◆やむを得ず、保険証を使わないで診療を受けたとき(急病など)
◆コルセットなどの治療用補装具を購入したとき(医師が認めた場合)
◆骨折・ねんざ等で柔道整復師の施術を受けたとき(ただし、国保を取り扱う柔道整復師の場合は医療
  機関と同様に一部負担金で施術が受けられます。)
◆マッサージ・はり・灸等の施術を受けたとき(医師が認めた場合)
◆輸血のための生血代を負担したとき
海外旅行中などに診療を受けたとき(海外療養費)

申請書類ダウンロード  
国民健康保険療養費支給申請書  ryouyouhishinseisho.pdf (142kbyte)pdf

※申請書以外に添付書類が必要な場合がありますので、まずは以下までお問い合わせください。


【お問い合わせ】
みやこ町役場 保険福祉課
 TEL:0930-32-2516
 


 
 
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)
みやこ町役場本庁 〒824-0892 福岡県京都郡みやこ町勝山上田960番地  みやこ町へのアクセス
TEL:0930-32-2511 FAX:0930-32-4563                各課電話番号
代表メールアドレス:miyako@town.miyako.lg.jp             各課メールアドレス
犀川支所 〒824-0292 福岡県京都郡みやこ町犀川本庄646番地 TEL:0930-42-0001 FAX:0930-42-1993
豊津支所 〒824-0192 福岡県京都郡みやこ町豊津1118番地   TEL:0930-33-3111 FAX:0930-33-3355