町章みやこ町ホームページのトップページへ
 
言語サイトマップお問い合わせ
文字サイズ
文字を小さく文字を標準文字を大きく
トップページ町の紹介暮らしの情報健康と福祉学校と保育施設案内事業者のかた
 
 


現在位置:みやこ町ホームページの中の健康と福祉から病院での支払いが高額になったとき

 

病院での支払いが高額になったとき

 

 

病院などで支払いが限度額を超えたとき、超えた分の払い戻しがあります。

 
【自己負担限度額(月額)】 
 

平成30年7月まで 
 
自己負担割合負担区分外来
(個人単位)
外来+入院(世帯単位)
3割現役並み
所得者
57,600円80,100円
+(総医療費-267,000円)×1%
(44,400円)※
1割一般 14,000円
(年間限度額144,000円)
57,600円(44,400円)※
区分2
※2はローマ数字
8,000円24,600円
区分1
※1はローマ数字
15,000円
 ※過去12ヵ月以内に世帯単位で高額療養費の支給を受けた、4回目以降の限度額です
 

平成30年8月から
 
自己負担割合負担区分外来
(個人単位)
外来+入院(世帯単位)
3割現役並み3
※3はローマ数字
252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
(140,100円)※
現役並み2
※2はローマ数字
167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
(93,000円)※
現役並み1
※1はローマ数字
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
(44,400円)※
1割一般 18,000円
(年間限度額144,000円)
57,600円(44,400円)※
区分2
※2はローマ数字
8,000円24,600円
区分1
※1はローマ数字
15,000円
 ※過去12ヵ月以内に世帯単位で高額療養費の支給を受けた、4回目以降の限度額です

◆75歳到達月は、誕生日前の医療保険と後期高齢者医療の2つの制度にまたがるため、個人単位の自己負担限度額が上記の額の2分の1となります(誕生日が月の初日である場合を除く。)。
 

 

高額療養費が支給されるとき

高額療養費とは、同じ月内に医療機関窓口で支払った医療費の合計額について、自己負担限度額を超えた額を払い戻すものです。

【申請に必要なもの】印鑑、保険証、対象者の預金通帳

 

 

高額療養費の計算のしかた

◆月の1日から末日まで、ひと月ごとの病院・診療所・歯科・薬局の自己負担額を区別なく合計します。入院中の食事代や保険証が使えない医療は算定の対象とはなりません。
◆外来のみの場合は、個人単位で自己負担額を合計します。
◆入院を含む場合は、世帯内の被保険者の自己負担額を合計します。

 

 

「限度額適用・標準負担額減額認定証」について

 

負担区分が「区分2」「区分1」のかたは、事前に保険福祉課窓口で「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けて、医療機関に提示すれば、医療機関の窓口での医療費の支払いを上記の自己負担限度額にとどめることができます。申請月の初日から適用されます。
【申請に必要なもの】認め印、保険証収入額等を証明するものが必要となる場合があります。)

※入院時の食事代や差額ベッド代などは別途かかります。

 

 

 

 
【お問い合わせ】
みやこ町役場 保険福祉課
 TEL:0930-32-2516
 


 

 
電話帳関連・リンク集個人情報の取扱いこのサイトについて
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)
みやこ町役場本庁 〒824-0892 福岡県京都郡みやこ町勝山上田960番地  みやこ町へのアクセス
TEL:0930-32-2511 FAX:0930-32-4563                各課電話番号
代表メールアドレス:miyako@town.miyako.lg.jp             各課メールアドレス
犀川支所 〒824-0292 福岡県京都郡みやこ町犀川本庄646番地 TEL:0930-42-0001 FAX:0930-42-1993
豊津支所 〒824-0192 福岡県京都郡みやこ町豊津1118番地   TEL:0930-33-3111 FAX:0930-33-3355