本文へジャンプ

みやこ町ホームページ
 
文字を小さく文字を標準文字を大きく
 
 


現在位置:みやこ町ホームページの中の健康と福祉から70歳になったとき

70歳になったとき


イメージ70歳になったら医療費の負担が軽減されます。


国民健康保険高齢受給者証の交付

 通常の被保険者証とは別に「国民健康保険高齢受給者証」が交付され、70歳の誕生日の翌月(月の1日生まれの方は誕生日の月)から医療費の負担割合が、一般の方は2割(注)、現役並みの所得がある方は3割になります。お医者さんにかかるときは、被保険者証と高齢受給者証を一緒に窓口に提示してください。
 また、70歳になった場合は、高齢受給者証を郵送しますので、届け出の必要はありません。

 (注)昭和19年4月1日までに生まれたかたは1割負担に据え置かれ、現役並み所得のかたは今までどおり3割負担になります。

医療費の負担割合

70歳以上75歳未満の人の所得区分

70歳以上75歳未満の人の所得区分
現役並み所得者 同一世帯に課税所得145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる人
 ただし、その世帯の該当者の年収が合計520万円未満(該当者が1人の世帯では383万円未満)の場合は、申請により1割負担となります。
低所得II 世帯および世帯全員が住民税非課税の人
低所得I 世帯主および世帯全員が住民税非課税で、かつ各種収入等から必要経費・控除を差し引いた所得が0円になる世帯の人


高額療養費の支給

 同じ月内に、医療機関で次の表の限度額を超えて一部負担金を支払ったときは、申請により超えた分が支給されます。
 (入院の場合、1ヶ月に医療機関に支払う費用は世帯ごとの限度額までとなります。)

70歳以上75歳未満のかたの自己負担限度額(月額)
 外来
(個人単位)
外来+入院(世帯単位)
現役並み
所得者
57,600円80,100円
※医療費が267,000円を超えた場合は超えた分の1%を加算
(44,400円(注))
一般 14,000円57,600円
低所得 II 8,000円24,600円
I 15,000円

(注)過去12ヶ月間に4回以上支給を受ける場合の4回目からの限度額


※低所得I、IIに該当する場合は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要になりますので、入院をするときは忘れずに申請してください。





【お問い合わせ】
みやこ町役場 保険福祉課
 TEL:0930-32-2516
 


 
 
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)
みやこ町役場本庁 〒824-0892 福岡県京都郡みやこ町勝山上田960番地  みやこ町へのアクセス
TEL:0930-32-2511 FAX:0930-32-4563                各課電話番号
代表メールアドレス:miyako@town.miyako.lg.jp             各課メールアドレス
犀川支所 〒824-0292 福岡県京都郡みやこ町犀川本庄646番地 TEL:0930-42-0001 FAX:0930-42-1993
豊津支所 〒824-0192 福岡県京都郡みやこ町豊津1118番地   TEL:0930-33-3111 FAX:0930-33-3355